前愛媛県知事「伝聞の伝聞だ」 “加計文書”に疑問

05/23 23:28 更新

 愛媛県が国会に提出した加計学園の獣医学部設置に関する文書について、加戸守行前愛媛県知事は「伝聞の伝聞だ」と述べ、信憑性(しんぴょうせい)に疑問を呈しました。  愛媛県・加戸守行前知事:「伝聞のまた伝聞ですから、(加計学園の)事務局長だと思うが、その方がどのような形でどんな発言したかという信憑性は、これは加計学園の方しか分からない。メモがあるから絶対、正しいということにはならない」  文書には、2015年2月に加計理事長が安倍総理大臣と面会して獣医学部の新設計画を説明したのに対し、安倍総理が「いいね」とコメントしたと記載されています。加戸氏は、学園側の提案は過去に何度も却下されているのに「初めてチャレンジするような話になっている」として、文書の内容に違和感を覚えると指摘しました。さらに、「安倍総理は一貫して関係なく、冷たいと思うくらいの対応だった」と述べ、安倍総理の関与を改めて否定しました。