厚労省統計問題で前大臣謝罪 予算案も修正

01/16 18:48 更新

 厚生労働省の統計問題で、加藤前厚生労働大臣が陳謝しました。  自民党・加藤総務会長:「甚だ遺憾でもありますし、当時、管理をしていたという立場から深くおわびを申し上げなければならないと思う」  去年10月まで厚労大臣を務めていた加藤総務会長は当時、不適切な方法で調査が行われていたことやデータの補正について報告は受けていないとしながらも、「責任は深く重いものがある」と述べました。政府は過去にさかのぼって追加の給付を行うため、18日に2019年度予算案を修正し、閣議決定を行う方針です。