自民党が都議選に向け結束確認 “小池劇場”を牽制

03/21 11:59 更新

 自民党は7月の東京都議会選挙に向けて、「小池劇場に翻弄(ほんろう)されることなく戦おう」として、党本部と東京都連が一体となって選挙戦に臨む方針を確認しました。  自民党東京都連・下村会長:「もし、小池都知事のイエスマンばかり集めた私兵のような人ばかりが都議会の過半数を確保することがあれば、都政そのものが失墜する」  ただ、小池都知事が自民党を離党していないことなどについて、下村都連会長は「自民党のプラスになる対応を考えたい」と判断を避けました。二階幹事長らは都議選の候補者を党を挙げて支援すると強調しました。安倍総理大臣にも応援演説を要請したということです。