野党5党幹事長 1人区の候補者一本化調整へ

02/20 23:24 更新

 野党5党の幹事長は夏の参議院選挙に向けて1人区での候補者一本化に向けた協議を始めました。  立憲民主党・福山幹事長:「32の1人区の調整については速やかにスムーズに調整作業に入ることにする。同日選を十分、視野に入れてこの会談を開催し、それぞれに意見交換、情報共有しながら進めていく」  立憲民主党や国民民主党など5党1会派の幹事長らが会談し、衆参同日選挙の可能性も視野に入れて32ある1人区の候補者調整を速やかに進めることで合意しました。また、市民連合との政策協議についても各党で議論を始めることを確認しました。今後、2週間に一度、協議する方針ですが、すでに複数の1人区で野党候補が競合していて調整は難航しそうです。