総理は青森 石破氏は銀座 20日の総裁選へ支持訴え

09/17 16:47 更新

 自民党総裁選挙の投開票を20日に控え、安倍総理大臣は青森市で、石破元幹事長は東京・銀座で、それぞれ支持を訴えました。  安倍総理大臣:「私が視察をした際、若い工員さんが私にこう言っていたんです。『安倍さん、給料が上がったから発泡酒がビールに変わったんだよ』とうれしそうに語っていました。この会社、ずっと成績が良くて、連続で給料を上げたそうです」  安倍総理は青森市で自民党員らを前に、これまでのアベノミクスの成果を強調しました。  石破元幹事長:「企業の利益は史上空前の利益を上げました。働く人たちの報酬も史上空前にならなければおかしいのではないか。私はそう思っています。一人ひとりの人々に実感をしてもらわなければなりません」  一方、石破元幹事長は銀座で街頭演説を行い、「所得を10年で3割伸ばす」などの主張を展開しました。両候補はこの後、テレビ朝日の「報道ステーション」で選挙戦では最後となる討論を行う予定です。