「2025年度までの間に財政黒字化」 自民提言

05/23 22:40 更新

 政府が来月まとめる「骨太の方針」に向け、自民党は財政の黒字化について、2025年度までの間に達成すべきなどとする提言をまとめました。  自民党がまとめた提言では、国と地方を合わせた基礎的財政収支、プライマリーバランスの黒字化について「2025年度までの間に聖域なき改革努力を不断に行い、達成すべき」としています。プライマリーバランスの黒字化を巡っては、政府が2020年度を目標としてきましたが、達成は難しいとみられています。また、2022年度以降に社会保障費がさらに増えるとの見通しを踏まえ、19年度から21年度までを「改革加速期間」と定めて社会保障費を抑制すべきとの考えを示しています。岸田会長らは来週にも安倍総理大臣に提言を申し入れ、政府が来月にまとめる骨太の方針に反映させたい考えです。