厚労省の統計問題を閉中審査へ 与野党幹部が一致

01/15 14:55 更新

 厚生労働省の統計調査が不適切に行われていた問題を巡って与野党の幹部が会談し、厚生労働委員会を国会開会前に開くことで一致しました。  自民党・森山国対委員長:「立法府として与野党関係なくしっかりした対応をすることが大事なことだと思う。そういうことでは与野党一致して臨んでいけるのではないかと思う」  自民党と立憲民主党の国対委員長が会談し、17日に厚労委員会の理事懇談会を開き、厚労省から説明を受けることを決めました。そのうえで、厚労委員会を国会開会前に開くことでも一致しました。野党側は再来週から開かれる見通しの通常国会でも、徹底追及する方針です。  自民党・二階幹事長:「これは自民党としても政府に対して厳重に注意を求めていきたいと思っています」  二階幹事長は「国の統計の信頼を揺るがす行為だ」と批判したうえで、責任の所在を明確にするよう求めました。