【報ステ】総理出席の集中審議めぐり与野党が攻防

07/18 23:30 更新

 自民党の幹部会議で18日、安倍総理は「予算委員会における閉会中審査に出席し、しっかりと説明を行う考えだ」と発言したという。国会では、自民党と民進党が、24日にも加計学園の問題について総理出席の集中審議を行う方向で一致した。しかし、質問時間の配分をめぐって与野党がもめている。慣例では、与党と野党の割合は2対8で、野党の方に多く質問時間が割り当てられるが、今回、自民党は、質問時間を5対5の均等に配分してほしいと要求している。また、民進党は2日間の集中審議を求めたのに対し、与党は1日を主張。参考人をめぐっても対立し、結論は出なかった。