「参院定数6増」公選法改正案 参院本会議で可決

07/11 19:47 更新

 参議院の定数を6増やす法案が参議院本会議で可決されました。今国会で成立する見通しです。  自民党が提出した法案は合区により、立候補できない候補者の救済が狙いで、比例区の定数を4増やし、埼玉選挙区の定数を2増やします。これによって一票の格差は3倍未満に抑えられるということです。法案は衆議院に送られ、今の国会で成立する見通しです。来年夏の参議院選挙から適用されます。