小泉進次郎議員 「宇宙ごみ除去」に向け提言

07/12 23:37 更新

 小泉進次郎議員が今度は「宇宙ごみ」で提言です。自民党は宇宙ごみ除去について世界初の実証実験に向けた提言をまとめました。  小泉進次郎議員:「今回の豪雨災害を見ていても、気象予報を含めて衛星の力、これからさらなる精度の向上、そういったことが国民の暮らしを守り、いかに宇宙空間の在り方、環境の在り方が大事かということを改めて認識をした」  自民党の提言には、宇宙ごみを除去する作業中に別の衛星と衝突するなどの恐れがあり、その際には政府が補償するという仕組みの法制化などが盛り込まれています。これにより、高度な技術を持つ民間企業の参入を促すのが狙いです。座長として提言を取りまとめた小泉議員は「世界初の実証実験を日本が実現できれば、今後のルール作りでも日本のプレゼンスが高まる」と意義を強調しました。ロケットの残骸などの宇宙ごみは、地球の軌道上を高速で周回していて、人工衛星に衝突する危険性などが指摘されていますが、除去は実現していません。小泉議員らは近く提言を政府に提出する考えです。