日豪の外務・防衛閣僚 対北朝鮮で連携を確認

04/21 00:05 更新

 日本とオーストラリアの「2+2(外務・防衛閣僚協議)」が開かれ、北朝鮮に対し、挑発的な行動を直ちに停止するよう求める共同声明を発表しました。  岸田外務大臣:「厳しさを増す安全保障環境のなかにあって、日豪の協力を一層、強化していかなければならない。こういうことで一致することができました」  今回の閣僚協議では、核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮への対応が主な議題となり、アメリカを含めた3カ国で連携を強化していくことを確認しました。また、オーストラリアのビショップ外務大臣は「中国は独自の関係を北朝鮮と持っている」と指摘し、中国が北朝鮮に対する圧力を強化するよう求めていくことで合意しました。