加計問題で“総理のコメント” 愛媛県が新文書提出

05/21 18:12 更新

 安倍総理大臣と加計学園の理事長が3年前に獣医学部の設置について話したと記録した文書を愛媛県が提出しました。  愛媛県が参議院予算委員会に提出した新たな記録によりますと、2015年3月、加計学園と愛媛県の打ち合わせのなかで、加計学園側が2015年2月25日に加計理事長が安倍総理と面会したと説明しました。面会は15分程度で、加計理事長から愛媛県今治市に獣医学部を設置することを説明したということです。これに対して安倍総理は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたということです。安倍総理はこれまで、獣医学部の設置について去年の1月20日まで知らなかったとしていて、この発言との整合性が問われることになります。