岸田政調会長 韓国に「国際法違反を是正すべき」

01/11 08:02 更新

 徴用工問題を巡って韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本を批判したことに対し、自民党の岸田政調会長は「韓国が国際法違反の状態を是正すべきだ」と強調しました。  自民党・岸田政調会長:「(去年)韓国の大法院の判決が出た段階で国際法違反の状態が生じている。国際法違反の状態を是正する責任は韓国側にあると考えています」  岸田政調会長はさらに、現在の日韓関係は「大変、深刻な状況だ」と話し、韓国政府は日韓請求権協定に基づく協議に応じるべきだと主張しました。そのうえで、国際司法裁判所への提訴も視野に入れた対応が必要だという認識を示しました。