「消費増税理解を」岸田氏 細野氏問題で幹事長に…

03/16 11:52 更新

 自民党の岸田政調会長は消費税増税について、来月の統一地方選挙で必要性を訴えていく考えを強調しました。  岸田政調会長は、選挙にはマイナスだといわれる増税の話も「正直に説明していく」と強調しました。  自民党・岸田政調会長:「未来に向けてしっかり政治が役割を果たしていくためには、裏付けとなる財政にもしっかり気配りしなければいけない。責任政党として正直に実情について説明する。こういった姿勢は大事なのではないか。(ポイント還元など対策について)政府に汗をかいてもらわなければならない」  一方で、派閥のトップとして岸田氏は先週、二階幹事長が自民党入りを目指す細野元環境大臣とともに岸田派の吉川議員の地元・静岡に入ったことについて「幹事長の意図はよく分からない。何も申し上げる材料はない」と不快感をにじませました。今後、2人の公認争いで派閥の対立は激しさを増しそうです。