陸上イージス説明会 住民「信頼関係なくなってる」

06/15 11:51 更新

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を巡り、候補地になっている山口県阿武町で住民説明会が行われました。  説明会では、防衛省の担当者が同じく候補地になっている秋田市の調査データに誤りがあったことなどを謝罪し、山口県のデータにはミスはないとして理解を求めました。住民からは安全性を疑問視する声や説明が信用できないといった意見が出されました。  住民:「説明を聞いていると、(山口県の)むつみ(演習場)ありきの説明に聞こえる」「ほとんどの方が不安、信頼がなくなっていると感じている」  阿武町では有権者の半数以上が配備に反対の意思を示しています。