拉致問題担当の菅氏“初面会” 被害者家族に決意

10/08 17:21 更新

 担当大臣になって初めて拉致被害者家族と面会しました。  拉致問題担当を兼務・菅官房長官:「一日も早いすべての拉致被害者の帰国実現に向け、あらゆるチャンスを逃さない決意で引き続き全力で取り組むことをお誓いして」  今回の内閣改造で拉致問題の担当大臣を兼務することになった菅長官は、横田めぐみさんの母・早紀江さんと面会しました。菅長官は「今、まさに正念場だ」と述べ、北朝鮮を巡る国際情勢が動くなか、安倍総理大臣と金正恩委員長の直接会談も視野に解決を目指す決意を示しました。  横田めぐみさんの母・横田早紀江さん:「どうか一刻も早く、子どもたちを全員、日本に取り戻して頂きたい」  早紀江さんは「心から解決に向けて動くと期待している」と事態の打開を訴えました。