英海軍の揚陸艦「アルビオン」 晴海ふ頭に寄港

08/03 23:33 更新

 イギリス海軍の揚陸艦「アルビオン」が東京湾の晴海ふ頭に寄港しました。アジア太平洋地域での軍事的な影響力をアピールする狙いもあります。  アルビオンは、今年の春から北朝鮮が安保理決議の制裁を逃れるために海上で物資を積み替える、いわゆる「瀬取り」の監視活動に参加していました。日本とイギリスは安全保障分野での協力を進めているなかで、今月末からは海上自衛隊との共同訓練を予定しています。アルビオンのティム・ニールド艦長は、今回の寄港について「イギリス海軍がアジア太平洋地域の安全保障に関与していくことの決意の表れだ」と説明しました。また、北朝鮮に対する国連安保理の制裁決議については「常任理事国の海軍として制裁決議が履行されるよう行動していく」と強調しました。