国民民主 国民投票法改正案提出へ テレビCMは禁止

11/08 09:43 更新

 国民民主党は、与党などが成立を目指している憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の対案を提出する方針を決めました。政党によるテレビCMを禁止することなどが柱となっています。  国民民主党・玉木雄一郎代表:「お金を持っている、資力のあるものが選挙結果に影響を及ぼすことができるなかで国の基本法たる憲法改正のプロセスが進むことについては大きな問題があると思っていますので、なんとしてもCM広告規制を入れたい」  与党などが提出して継続審議となっている国民投票法の改正案では、政党によるテレビCMの禁止は盛り込まれていません。玉木代表は与党や他の野党にも呼び掛けて成立を目指す考えを強調しました。そのうえで、「テレビCMの禁止を実現することが憲法改正議論に入っていく大前提だ」と安倍政権を牽制(けんせい)しました。