南スーダンPKO日報 陸自トップが保管の報告受ける

03/17 05:51 更新

 破棄したとされていた南スーダンPKO(国連平和維持活動)の日報を陸上自衛隊が保管していた問題で、陸上自衛隊トップの陸上幕僚長が「日報が保管されている」と報告を受けていたことが新たに分かりました。  陸上自衛隊・岡部陸上幕僚長:「(Q.陸幕長はデータが保管されていたことをご存じでしたか?)現段階ではコメントを差し控えさせて頂きたい」  陸上自衛隊では、去年7月の南スーダンPKOの日報について、これまで「破棄していて、存在していない」と報告していましたが、今年1月ごろまで部内で保管されていたことが分かっています。そして、陸上自衛隊内で保管していたことは、陸上自衛隊のトップである岡部陸幕長まで報告されていたことが新たに分かりました。遅くとも1月中には報告が上がっていた可能性が指摘されています。