二階氏が安倍総理支持を表明 総裁選後の人事狙いか

08/01 00:05 更新

 自民党の二階幹事長は韓国で派閥の研修会を開き、9月の総裁選で安倍総理大臣を支持する考えを正式に表明しました。総裁選後の人事で存在感をアピールしたい考えです。  二階派としては、総裁選後の人事で二階幹事長が続投することが狙いです。  自民党・二階幹事長:「まだ時間がありますから、よく熟慮したうえで対応したいと思っている」  党内の一部には79歳という高齢から、体調を不安視して副総裁にという声もあります。その裏には、大きくなりすぎた二階幹事長の権力を抑えたいという思惑もあり、二階派は反発しています。また、岸田政調会長が立候補を見送ったことで「安倍総理が岸田氏に幹事長を打診したのでは」という憶測も出ています。ただ、「二階さんを敵に回すのは怖い」という声もあり、続投するだろうというのが党内の大方の見方です。来年の夏には参議院選挙も控えていて、二階派の議員は「選挙を仕切れるのは二階幹事長しかいない」と自信を見せています。