シベリア鉄道で日本の郵便運搬に合意 野田総務大臣

07/31 18:52 更新

 シベリア鉄道を使って日本からの郵便物を運ぶことに合意しました。  ロシアを訪問している野田総務大臣はノスコフ通信大臣と会談し、第5世代携帯電話の共同研究を進めることなどで一致しました。また、日本からヨーロッパに宛てた郵便物をこの夏から初めてシベリア鉄道で運ぶことでも合意しました。これまで船便で3カ月かかっていましたが、同じ料金で1カ月に短縮されるということです。野田大臣はこの後、日本の郵便物仕分けシステムを導入した物流施設を訪れ、システムの稼働に立ち合う予定です。