与野党の議員がもみ合いに…改正入管法 成立は

12/07 17:56 更新

 外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案の成立が、7日未明にずれ込む可能性も出てきたようです。国会内から報告です。  (政治部・岡香織記者報告)  午前中の本会議で与野党の議員がもみ合いになったことを野党側が抗議していて、山下法務大臣の問責決議案を処理する参議院の本会議がまだ開かれていません。原因となった自民党の議員が謝罪しましたが、野党側は「謝罪すればすむ話ではない」として話し合いが続いています。与党側は、この後の参院本会議で山下法務大臣の問責決議案を否決した後、速やかに法務委員会を開いて入管法改正案の採決に踏み切ります。その後、参議院本会議を再開し、あくまでも7日中に法案を成立・可決させる方針です。野党側が引き伸ばし作戦に出たことで参議院の本会議の開会が大幅に遅れていて、入管法改正案の成立は未明までもつれ込みそうです。