麻生大臣「事実ならアウト」 事務次官セクハラ発言

04/13 15:07 更新

 麻生財務大臣は、セクハラ発言を週刊誌に報じられた福田事務次官について「事実ならアウト」と話しました。  麻生財務大臣:「あの話が事実とするならば、セクハラという意味ではアウトですね。あの種の話は今の時代じゃないとはっきりとしていると思いますね」  会見で麻生大臣は、財務省が森友問題で追及を受けていることを念頭に「こういった状況で報道が出てくること自体が、緊張感を欠いていると非難される」と懸念を示しました。そのうえで、福田次官の処分については「今の段階で考えているわけではない」とこれまでの説明を繰り返しました。今週発売の週刊新潮には、福田次官が複数の女性記者に対して、セクハラ発言を繰り返していたという記事が掲載されています。