新元号“来年4月1日”公表を想定 システム対応へ

05/17 18:48 更新

 新しい元号の公表を来年の「4月1日」と仮定してシステム面の対応を進めます。  菅官房長官:「作業上の便宜として新元号の公表日を改元の1カ月前と想定をして、官民の情報システム改修の準備を進めるということです」  政府は情報システムの改修作業におおむね1カ月の猶予が必要とみて、民間企業などにも周知して対応を促す方針です。ただ、新しい元号を実際に公表する時期はシステム改修以外の様々な要因もあることから、まだ決まってなく、引き続き検討を進めることにしています。