自民が都議選公約に“受動喫煙” 争点化避ける狙い

05/19 18:45 更新

 築地市場の豊洲移転に加えて受動喫煙の防止も急きょ、盛り込みました。  自民党・下村都連会長:「選挙だけを、当選するだけを目標に集まっているような党には絶対に負けられない」  7月の東京都議選に向け、自民党の東京都連が公約を発表しました。築地市場の豊洲への早期移転を掲げ、判断を先送りする小池都知事との違いを鮮明にしました。一方、「都民ファーストの会」が公約に掲げる方針の受動喫煙対策については、東京都独自で原則屋内全面禁煙の条例を制定するとしました。こちらは争点化を避ける狙いがあります。