【報ステ】新潟県知事選 与党支援の候補が当選

06/11 23:30 更新

 前知事の辞職に伴う新潟県知事選挙が10日に行われ、自民・公明両党が支持した花角英世氏(60)が当選した。野党5党が推薦した池田千賀子氏(57)には3万7000票余りの差を付けた。柏崎刈羽原発の再稼働をめぐっては、両候補とも新潟県が独自に行う検証結果を待って判断するとし、際立った違いが見えないままの選挙戦となった。花角氏は、再稼働の是非を次の知事選に委ねる可能性を示している。