衆院沖縄3区補選告示 オール沖縄VS自公維の構図

04/09 11:49 更新

 衆議院の補欠選挙が2つの選挙区で告示されました。このうち沖縄3区は玉城デニー県知事の議員失職を受けたもので、新人2人が立候補しています。  これまでに立候補したのは、届け出順にともに新人で無所属でオール沖縄勢力が推す屋良朝博さん(56)と、自民党公認で公明と維新が推す島尻安伊子さん(54)の2人です。  無所属新人・屋良朝博候補:「この普天間の問題。アメリカ軍の基地の問題。クリアしないと私たちは明るい未来へと進めない」  屋良さんは記者時代に培った知識を生かし、辺野古新基地建設の問題などを日米両政府に訴えていくと強調しました。  自民公認、公・維推薦新人、島尻安伊子候補:「普天間の危険性除去を考えた時に、これはやはり、今、建設中の辺野古にいったん移さなければならない」  一方、島尻さんは元沖縄担当大臣の実績を前面に打ち出し、子どもの貧困対策などを訴えて支持を呼び掛けました。