公務員に夏のボーナス平均64万円 総理は一部返納

06/30 12:56 更新

 夏のボーナスが国家公務員に支給されました。平均の支給額は約64万円で、去年より1万2000円増えました。  内閣人事局によりますと、管理職を除く一般職の国家公務員の夏のボーナスは、平均で約64万2100円となります。去年の人事院勧告に基づく給与法の改正により支給月数が引き上げられたことで、1万2000円の増額となりました。また、国会議員には約291万円が支給されています。安倍内閣では、行財政改革を推進するためボーナスの一部を国庫に返納していて、安倍総理大臣は約371万円、他の閣僚は約309万円となっています。