佐々淳行さん(87)死去 初代内閣官房安全保障室長

10/10 18:47 更新

 危機管理の専門家として知られた佐々淳行さんが亡くなりました。87歳でした。  佐々さんは1954年に国家地方警察本部、現在の警察庁に入庁して「東大安田講堂事件」や「あさま山荘事件」などで陣頭指揮にあたりました。そして、1986年には新しく設置された内閣安全保障室の初代室長に就任しました。1989年に退官しましたが、その後も危機管理や安全保障の専門家として活躍しました。  菅官房長官:「『危機管理』という言葉について多くの国民の皆さんに知られるようになったのは、同氏のご功績だったと思います」