“最高指揮官”安倍総理、自衛隊幹部に訓示

09/11 11:47 更新

 安倍総理大臣は自衛隊の幹部を前に訓示し、北朝鮮が挑発行為を繰り返していることを受け、アメリカと協力して防衛体制などを強化する考えを強調しました。  安倍総理大臣:「北朝鮮が挑発行為を繰り返すなか、その脅威を抑止しなければならない。我々は米国とともに防衛体制と能力の向上を図るべく、具体的な行動を取っていかなければなりません」  また、安倍総理は小野寺防衛大臣に対して、今後の防衛政策の方針を定めた「防衛大綱」を見直すよう指示しました。小野寺大臣は自衛隊の装備を拡充し、弾道ミサイル防衛の体制をさらに強化していく考えを示しました。