入管法改正案 きょう参院法務委で採決へ

12/06 05:50 更新

 外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案を巡り、与党側は6日、参議院の法務委員会で採決に踏み切る方針です。  参院法務委・福岡与党筆頭理事:「会期は限られているところですが、そのなかで参議院らしい質疑を積み重ねていきたい」  参院法務委・有田野党筆頭理事:「こんながらんどうの法案を強行に採決することはできない」  与党側は6日の審議を終えた後、採決に踏み切る方針ですが、立憲民主党など一部の野党は、山下法務大臣の問責決議案の提出など徹底抗戦する構えです。与党側は7日の参議院本会議で入管法改正案を成立させたい考えですが、野党側は安倍内閣の不信任案も検討していて、与野党の攻防が山場を迎えます。