オスプレイ佐賀配備計画 防衛大臣が知事に説明へ

07/20 16:43 更新

 小野寺防衛大臣は23日に佐賀県を訪問し、陸上自衛隊のオスプレイを佐賀空港に配備する計画について知事に説明し、理解を求める考えを示しました。  小野寺防衛大臣:「今般、説明内容が整理されたため、佐賀県と日程調整を行った結果、23日に私が佐賀県を訪問して佐賀県知事に対して陸上オスプレイの安全性について説明することにしております」  陸上自衛隊は今年秋からオスプレイを導入する予定です。防衛省は、南西諸島の防衛のため佐賀空港への配備が望ましいとして県と協議を始めていました。しかし、有明海の海苔(のり)の養殖への影響を懸念する声や今年2月に陸上自衛隊のヘリコプター墜落事故があったことなどから協議は中断していました。防衛省は、墜落事故の原因の調査にめどがついたことから協議再開に踏み切り、オスプレイ配備に理解を得たい考えです。