安倍総理は公邸泊まり 政府の警戒監視態勢が続く

09/09 11:48 更新

 北朝鮮は9月9日が建国記念日です。日本政府は、北朝鮮のミサイル発射に備えて警戒監視態勢を続けています。  小野寺防衛大臣:「特に昨年のきょう、9月9日は5回目の核実験があった日だということを想定して、さらに念には念を入れている」  小野寺防衛大臣は9日朝も防衛省に入り、情報収集や対応の確認にあたりました。また、安倍総理大臣は、8日夜遅くにフランスのマクロン大統領と北朝鮮情勢を巡って電話会談し、そのまま総理公邸に泊まって待機しています。自衛隊は、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えて、全国で17の部隊が地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を展開しています。また、日本海では、日米が連携してイージス艦による警戒・迎撃態勢を続けています。