総裁選は安倍VS石破の一騎打ち…地震で選挙活動自粛

09/07 17:26 更新

 自民党の総裁選が7日に告示されましたが、選挙活動は自粛です。  自民党の総裁選は、安倍総理大臣と石破元幹事長の一騎打ちとなりましたが、北海道地震を受けて9日までの3日間、選挙活動の自粛を決めています。そのため、7日に予定されていた所見発表の演説と記者会見は、週明けの10日に行います。安倍総理は「災害に強い国づくり」などを、石破氏は「地方の潜在力を引き出す」として、地方創生などを訴えていく考えです。