入管法改正 週内の法案成立めぐり与野党が正念場

12/05 11:47 更新

 国会の会期末まで残り5日となるなか、出入国管理法改正案の審議を巡って、野党側は内閣不信任案のカードをちらつかせるなど最後の攻防が続いています。  (政治部・佐藤美妃記者報告)  自民党と公明党は5日朝に幹部会合を開き、法案の会期内での成立を改めて確認しました。  自民党・森山国対委員長:「来年度予算の編成ということも絡んで参りますので、どうしても今国会で成立をお願いしなければならないということは、そういう観点からも大事なことだと思っています」  自民党幹部は野党の抵抗次第では「深夜国会も辞さない」と話していて、今週中の法案成立に向けて強気です。これに対し、野党の足並みは乱れています。対案路線の国民民主党は6日の委員会での採決にも応じる構えです。一方、対立路線の立憲民主党は内閣不信任案の提出も視野に入れていますが、「うちだけが突っ張っているように見えるのは得策ではない」との声も上がっていて、対応を決めきれていないのが現状です。一時は会期延長も取り沙汰されていましたが、野党が一枚岩となれないなか、政府・与党の想定通りのスケジュールで法案は成立し、週明けに閉会となる見通しです。