「首相案件」発言否定 当時の総理秘書官・柳瀬氏

04/10 11:47 更新

 「本件は首相案件」と述べたとされた当時の総理秘書官・柳瀬唯夫氏が10日朝、この報道を否定するコメントを出しました。  柳瀬氏は「当時、私は総理秘書官として日々、多くの方々にお会いしていましたが、自分の記憶の限りでは愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」と地元関係者との面会を否定しました。そのうえで、「報道にありますように、私が外部の方に対してこの案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません」とし、「本件は首相案件」と述べたとする報道内容を全否定しました。  柳瀬唯夫経産審議官:「(Q.絶対に会っていないという確信がある?)コメントの通りです」「(Q.面会されてないということか?)…」