10月に予定通り消費税を引き上げる方針 菅官房長官

05/13 19:10 更新

 内閣府が景気判断を景気後退の可能性を示す「悪化」に下方修正しましたが、菅官房長官は10月に予定通り消費税を引き上げる方針に変わりがないことを強調しました。  菅官房長官:「消費税率の引き上げについてはリーマンショック級の出来事が起こらない限り、今年10月に引き上げる予定であり、予定通り引き上げができるよう経済運営をしっかりと行っていきたいということに全く変わっていません」  内閣府は3月の景気動向指数が低下したことを受け、景気判断を景気後退の可能性を示す「悪化」に下方修正しました。このことについて、菅官房長官は「中国経済の減速の影響を受けているものの、内需を支える経済の指標は堅調だ」と指摘しました。そのうえで、「消費税を引き上げられる環境を作ることが政府の責任だ」と強調しました。