片山大臣が4回目の収支報告書訂正で陳謝と釈明

12/04 19:14 更新

 片山地方創生担当大臣が4回目の政治収支報告書の訂正で陳謝しました。  片山地方創生担当大臣:「収支報告書の訂正が相次いでいる事については、前回の時にも申し上げたように大変、申し訳なく思っておりまして」  片山大臣は自らが代表を務める政党支部や政治団体などの収入約379万円と支出222万円の合わせて約600万円について、政治資金収支報告書を訂正しました。先月30日に総務省が2017年度分の収支報告書を公表する直前の28日に訂正を届け出ました。訂正が公表の直前になった理由について、片山大臣は「何か出てこない可能性がゼロではないので、ギリギリまで待った」と釈明しました。片山大臣が収支報告書を訂正したのは大臣に就任して以降、4回目になります。