「退位」取りまとめ案提示 “特例法・国民の理解”

03/15 17:23 更新

 天皇陛下の退位を巡る国会としての意見集約に向けた案が示されました。  衆参両院の議長らが各党に示した案は、退位を可能とするため「一代限り」の特例法で対応することや、天皇陛下のお気持ちを受けて国民が退位に理解していることなどを法案に書き込むべきだとしています。皇室典範の付則に特例法との関係を書き込み、憲法違反との指摘を避けたい考えです。大島衆院議長はこの案について、17日までに各党の了承を得たいとしています。