南スーダン日報 「無い」回答の期間も含め見つかる

04/10 05:56 更新

 小野寺防衛大臣は、ないとされていた南スーダンPKO(国連平和維持活動)の派遣部隊の日報が新たに防衛省情報本部で見つかったことを明らかにしました。  小野寺防衛大臣:「日報は少なくとも合計1年以上の期間にわたるものであり、当時の情報公開請求等について不適切な対応があったと考えざるを得ず、防衛大臣として改めておわび申し上げます」  見つかった日報は、情報本部の2つの部署の共有フォルダに電子データの形で残されていて、そのなかには、おととし、情報開示請求に対して「ない」と回答していた期間のものも含まれていました。情報本部は7日の小野寺大臣の指示を受けて改めて捜索したところ、日報が見つかったと説明しています。一方で、以前から日報の存在に気付いていた職員がいる可能性もあるとして詳しい経緯を調べています。