ゆるキャラ選びに子どもたち真剣 霞が関で選挙体験

08/02 15:06 更新

 夏休みの子どもたちが東京・霞が関の中央省庁を見学するイベントが2日から始まりました。総務省では、選挙での投票を体験する「ゆるキャラ」総選挙が行われています。  「こども霞が関見学デー」は子どもたちに国の仕事を知ってもらおうと霞が関の中央官庁が毎年、行っています。総務省では、実際に選挙で使われる投票用紙や投票箱などを用意し、政策発信のために作った13のゆるキャラを候補者にして模擬選挙を行っています。投票に訪れた子どもたちからは「18歳になったら選挙に行きたい」という声も聞かれました。投票は2日と3日の午前10時から午後4時まで行われ、結果は3日中に総務省のホームページで公開するということです。