【報ステ】大阪府が森友学園の刑事告発を検討

03/14 23:30 更新

 森友学園をめぐり、大阪府が私文書偽造や公務執行妨害の疑いで刑事告発を検討していることがわかった。私文書偽造に関して府は、学園側が財務状況をよく見せるため、府には契約書の金額を安く書き換えて提示したのではないかとみている。私学審議会では、すでに森友学園に借金があったことから経営を不安視する声が出ていたが、出た答申は条件付きの「認可適当」というものだった。大阪府の松井知事は、近畿財務局からの要請で「国の(国有地)売り渡し審議会にかけるために、大阪府として見込みを発表してくれと言われたから」と述べた。