小池新党との対決は? 総理「総選挙フェアに戦う」

09/25 18:47 更新

 25日午後に衆議院の解散を正式に表明した安倍総理大臣。会見では、小池都知事が率いる新党に対し、あえて批判を避けた。  安倍総理大臣:「(Q.『希望の党』が国政、自民党、総理の戦いにどういう影響を与えますか?)希望というのは良い響きだと思います。小池知事は、第一次安倍政権では安全保障担当の補佐官を務めてくれました。また、初の防衛大臣も第一次安倍政権で務めて頂きました。つまり、安全保障の基本的な理念は同じだろうと思います。政治手法について少し違うかもしれませんが、いわば、この選挙においてはさまざまな政党がしっかりとその政策を前面に打ち出しながら、建設的な議論を行うことによって国民のご期待に応えていきたいと思います。いずれにせよ、東京都知事である小池知事とは東京オリンピック・パラリンピックを成功させないといけないという共通の目標は持っています。そのうえで、選挙戦はフェアに戦いたいなと思っています」  一方、小池知事は新党立ち上げの会見直後に小泉元総理と会談していた。小池知事は会見で、新党の政策の一つとして「原発ゼロ」を掲げていて、総選挙を巡って小泉元総理と協議したものとみられる。