自動車部品工場でマグネシウム燃える火事 栃木

09/20 14:53 更新

 栃木県壬生町の自動車部品工場でマグネシウムが燃える火事が起き、従業員がけがをしました。  20日午前9時すぎ、壬生町の自動車部品工場の従業員から「マグネシウムが燃えている」と119番通報がありました。マグネシウムは水をかけると爆発する性質を持っているため、消防は消火剤を使って消火活動をし、午後2時前に鎮火しました。この火事で従業員の男性(43)1人が喉にやけどをして病院に運ばれました。現場の工場では自動車のアルミ部品を製造していて、警察と消防は出火原因などを調べています。