豪雨被災地をお見舞い 両陛下 愛媛と広島を訪問

09/22 05:57 更新

 天皇皇后両陛下は21日、西日本豪雨で大きな被害の出た愛媛県と広島県を訪問されました。  両陛下は21日午後、豪雨で25人が犠牲になった広島県呉市に入られました。仮設住宅で暮らす被災者や自衛隊員ら80人に迎えられ、陛下は隊員らを「本当に大勢の人を助けられてご苦労さまでした」「心強く思っています」とねぎらわれました。また、皇后さまは被災者らに「お体は悪いところはないですか」「どうぞお元気でいらして下さいね」と言葉を掛けられると、涙を拭っている人もいました。両陛下の広島訪問は、天候不良のため3度、延期になっていました。