皮むき面倒だから果物イヤ!そんなアナタに必殺ワザ

05/23 18:49 更新

 果物の皮がスルっとむける。包丁を使わなくても手でむける。改良しなくても、ある方法を使えば簡単にむけることが分かった。  むいているのは今が旬のビワだ。簡単に皮をむいているが、新種のビワではない。同じ種類のビワを普通にむこうとすると結構時間がかかり、この時は1個につき1分16秒を要した。ところが、ビワに特殊な加工をすることでわずか15秒でむくことができるようになったのだ。果たして、どうやって簡単に皮をむけるようにしたのか…。やってきたのは、果物の加工技術などを研究している静岡県の施設。普通のキウイは皮が薄く、包丁を使ってもむくのに時間がかかる。ところが、この研究所で処理されたキウイはさくさくと皮がむけるのだ。その理由の秘密はエチレンガス。これは収穫した果物そのものから発生するガスのこと。このガスには皮を剥がしやすくする作用が見られるというのだ。容器の中に果物を入れ、そこへわずかなエチレンガスを注入して密閉して数日間、置いておく。その後、95度以上の熱湯に30秒ほど漬けたら氷水で一気に冷ます。すると、手で簡単に皮がむけるようになるというのだ。エチレンガスによる処理や熱湯につけるなどで味や食感への影響は感じられなかった。研究センターは今後、さらに簡単にむけるように技術力を高め、カットフルーツなどの加工品メーカーでの活用を期待している。