いじめほのめかす遺書 自殺の高3男子「嫌な思い」

02/23 11:51 更新

 埼玉県加須市で首をつって死亡した県立高校3年の男子生徒(18)は、高校でのいじめをほのめかす遺書を残していたことが分かりました。  17日、加須市にあるスポーツ施設の敷地で、埼玉県の県立高校に通う3年の男子生徒が首をつって死亡しているのを通行人が見つけました。現場の状況などから自殺したとみられています。警察によりますと、その後に生徒の部屋から遺書が見つかり、「嫌な思いをした」などと同級生からいじめを受けていたことをほのめかす内容が書かれていたということです。警察は、男子生徒が首をつって死亡した詳しい経緯などを調べることにしています。