容疑者は21歳大学生男 仙台市の交番で警察官刺殺

09/19 15:50 更新

 仙台市の交番で警察官が男に刃物で刺されて死亡し、刺した男も別の警察官に拳銃で撃たれて死亡した事件で、警察官を刺したのは21歳の大学生であることが分かりました。  19日午前4時すぎ、仙台市宮城野区にある東仙台交番で、清野裕彰巡査長(33)が落とし物を拾ったと言ってきた男に突然、刃物で刺されました。別の部屋にいた40代の巡査部長が駆け付けると、清野巡査長が血だらけで倒れていたため、男に拳銃3発を撃って男は死亡しました。警察によりますと、刺したのは仙台市内に住む21歳の大学生・相澤悠太容疑者ということが分かりました。清野巡査長は胸や腹などを複数箇所、刺されていて、仙台市内の病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。