「名義貸しは違法 500万円で…」高3男子が“詐欺”

07/20 16:32 更新

 横浜市の70代の女性に銀行員などを装って「名義貸しは犯罪になる。500万円用意してくれれば違法にならない」などと嘘の電話を掛け、現金500万円をだまし取ったとして高校生(17)が逮捕されました。  都内に住む高校3年生の少年は、横浜市栄区に住む70代の女性から現金500万円をだまして受け取ったとして逮捕されました。警察によりますと、女性は銀行員を名乗る男から「株買いませんか。名義を貸してくれませんか」などと電話で持ち掛けられ、その後、別の男から「名義貸しは犯罪になる。500万円用意してくれたら違法にならない」と言われ、現金500万円をだまし取られたということです。少年はスーツ姿で女性の自宅を訪れ、現金を受け取っていましたが、偶然、振り込め詐欺の注意喚起をパトカーから行っていた警察官がスーツ姿のまま公園にいた少年を不審に思い、声を掛けて事件が発覚しました。取り調べに対し、「ものを受け取ったが、金だとは思わなかった」と供述しています。