渋谷センター街で“落書き” 米国人の19歳少年逮捕

05/27 10:55 更新

 東京の渋谷センター街の店舗などの壁に落書きをしたとして、アメリカ人の19歳の少年が現行犯逮捕されました。  被害に遭った店の店長:「(落書きが)シャッターの上半分くらい。何でこんなことするのかなって」  アメリカ人で自称・会社員の19歳の少年は25日午後10時40分ごろ、渋谷区のセンター街にある店舗の壁など3カ所にスプレーで落書きをした疑いが持たれています。落書きを目撃した近くの店舗の従業員が110番通報し、駆け付けた警察官が少年を現行犯逮捕しました。少年は逮捕された際、スプレー缶2本とペンを持っていましたが、取り調べに対して「スケ―トボードを塗装するために持っていた」などと話し、容疑を否認しています。