「うるさくて殺そうと…」ハンマーで男児殴った疑い

04/25 18:44 更新

 小学生がハンマーで殴られた事件で、逮捕された男は「1週間ほど前からうるさかった」と供述しています。  殺人未遂の疑いで逮捕・送検された無職の水谷嘉治容疑者(60)は23日夜、自宅アパートで別の部屋に住む小学5年生の男の子の頭をハンマーで殴って殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、男の子は全治2週間のけがをしました。水谷容疑者は調べに対して「1週間ほど前から子どもの騒ぎ声がうるさく、殺そうと思った」などと話し、容疑を認めています。警察は詳しい経緯を調べています。