大迷惑な泥酔米国人!機内で他の客に〇〇かける

08/18 17:42 更新

 アメリカから成田空港に向かう飛行機の機内で座席で寝ていた男性に放尿したとして、24歳のアメリカ人の男が逮捕されました。  自称・エンジニアのデニシュ・キショルチャンドラ・プラーク容疑者は、シカゴから成田空港に向かう全日空機の機内で50歳の日本人男性に放尿した疑いが持たれています。男性はプラーク容疑者の2列後ろの座席で寝ていて、面識はなかったということです。異変を感じた男性はやめさせようとしましたが、プラーク容疑者は掛け続けたということです。プラーク容疑者は当時、酒に酔っていて、「よく覚えていないが、状況を見ると私がやったのは間違いない」と容疑を認めています。