東京都水道局の関係団体が点検などで虚偽報告か

02/23 09:33 更新

 東京都の外郭団体である「東京水道サービス」が都の水道局から委託された点検業務で嘘の報告をしていたことが分かりました。  東京都によりますと、都の浄水施設の管理などを行う東京水道サービスが書類を改ざんし、水道局から委託された資材置き場の巡回点検を実施していないのに2012年から137回、点検をしたと嘘の報告をしていたということです。また、工事の不十分な部分を隠すために、都に提出する写真に加工をするよう業者に指示していたことも明らかになりました。小池都知事は他の団体でも同じように不適切な対応が行われていないか総点検を指示しました。