列島北から徐々に冬景色 日一日と寒さ強まる

10/18 17:53 更新

 18日朝は北海道や東北など北日本を中心に今シーズン一番の冷え込みとなった。初霜や初氷も観測され、冬の足音が少しずつ近づいている。  放射冷却が強まり、東北や北海道の太平洋側を中心にぐっと冷え込んだ18日。北海道北見市では、最低気温がマイナス0.2度と0度を下回って今シーズン初めての冬日となった。車のフロントガラスには霜が降りていた。全国で今シーズン一番の冷え込みとなったのは北海道標茶でマイナス3.9度。帯広では、全国で今シーズン初めての初氷が観測された。本州では、岩手県の薮川で17日夜から18日朝にかけてマイナス2.9度を観測するなど3地点で今シーズン初めての冬日となった。18日は全国927地点中29地点で冬日となった。北海道や東北では19日の朝も冷え込みが強まる所もありそうだ。