「あっという間に」住宅が猛火に 独居男性死亡か

02/18 11:45 更新

 17日夜、大阪府四條畷市の住宅で火事があり、この家に1人で暮らす66歳の男性とみられる遺体が見つかりました。  午後7時ごろ、四條畷市岡山東の住宅で「屋根から煙が出ている」と近所の人から消防に通報がありました。火は約5時間半後にほぼ消し止められましたが、木造2階建ての住宅がほぼ全焼し、1階から性別不明の遺体が見つかりました。  近所の人:「台所の窓を開けたら、もう火が見えた。あっという間に屋根まで火が上がっていった」  この住宅に1人で暮らす中内丈之さんと連絡が取れておらず、警察は遺体が中内さんとみて身元の確認を進めるとともに、火が出た原因を調べています。