【報ステ】東名あおり運転 懲役18年の判決

12/14 23:30 更新

 東名高速であおり運転の末に夫婦2人を死亡させた罪などに問われていた石橋和歩被告(26)の裁判で、横浜地裁は、求刑23年に対し、懲役18年の有罪判決を言い渡した。横浜地裁は争点だった危険運転致死傷罪の適用を認めた。裁判長は、石橋被告が高速道路に車を止めたこと自体は危険運転にはあたらないとしたものの、それ以前に4回にわたり被害者の車の進路を妨害した行為などとは密接に関連し、追突事故を誘発する原因になったとし、危険運転致死傷罪を適用。今回の事件は、同じ危険運転致死傷罪の中でも重い部類に属するとし、さらに、石橋被告が「二度と運転しないなどと反省の弁を述べてはいるが、真摯に反省しているとまでは評価できない。短絡的に犯行に及んでいて酌むべき余地はない」とした。判決について、被害者夫婦の長女(17)は「私たちの気持ちを考慮してくれた判決でよかった」というコメントを出した。