初日の混乱はなくなったが…施設の行き来に課題も

10/18 17:06 更新

 豊洲開場から1週間が経ちました。先週、首都高の豊洲ランプから水産卸売場棟まで大渋滞だったということをお伝えしました。18日の取材でもお分かり頂いたように、初日のような大混乱は見られませんでした。渋滞も起きていないということが分かりました。だた、今一つ問題になっているのが、水産卸売場棟へ運ばれた魚は水産仲卸売場棟へ行くのですが、水産仲卸売場棟へ仕入れに来る人々が水産仲卸売場棟で魚を仕入れた後、野菜や果物など青果を買おうと思って、青果棟へ行かなければなりません。水産仲卸売場棟と青果棟が非常に遠く、時間がかかるということで、皆さん非常に苦労しています。大体、歩いて10分ぐらいかかるということなので、青果棟へ行くのを諦めた人も出てきてしまいました。水産卸売場棟と水産仲卸売場棟は関係者だけが通れる地下通路がありますが、水産仲卸売場棟から青果棟へはそういうものがなく、地上の道路かスロープを渡って行くしかないということです。水産仲卸売場棟と青果棟の問題が今、クローズアップされてきているようです。