“金塊窃盗”指名手配の男らの車横転 1人を逮捕

05/29 16:54 更新

 福岡市の金塊盗難事件で指名手配されていた男2人が、名古屋市内でパトカーに追跡されて交通事故を起こし、窃盗の疑いで1人が逮捕されました。  警察によりますと、事故があったのは名古屋市中村区の交差点で、パトカーに呼び止められた車が逃走したため追跡していたところ、交差点で他の車と衝突して横転しました。その際、自転車に乗っていた女性に当たり、けがをさせたということです。捜査関係者によりますと、車に乗っていたのは去年7月、福岡市で7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で指名手配されていた野口直樹容疑者(43)と中垣龍一郎容疑者(40)の2人だということです。中垣容疑者は窃盗の疑いで逮捕され、現在、福岡へ移送されています。野口容疑者も搬送された病院を出て、福岡へ向かっているということです。