長野の山林に1000冊超のタウンページが投棄される

04/24 18:47 更新

 大量の電話帳が捨てられているのが見つかりました。  長野県信濃町の山林で15日、新品のタウンページなど約180冊が見つかりました。県内の山林では、去年10月から今月20日までに合わせて1000冊に上るとみられる捨てられた電話帳が見つかっていて、発行元のNTTタウンページによりますと、配達担当だった大阪府の業者が捨てていたということです。警察は、廃棄物処理法違反にあたる可能性があるとみて調べています。