東京五輪まで2年 警視総監訓示「総合力を発揮」

07/17 23:03 更新

 東京オリンピック・パラリンピックの開幕までまもなく2年となるなか、吉田尚正警視総監は幹部らを前に「部門の垣根を越えた総合力を発揮するよう」訓示しました。  吉田尚正警視総監:「(課題は)部門をまたがるものが多いため、総合対策本部が中心となって部門の垣根を越えた総合力を発揮することが必要になります」  警視庁では17日、東京大会の警備や交通に関する会議が開催されました。吉田警視総監は来年には天皇陛下の退位や皇太子さまの即位など重要な行事が相次ぐため、大会に向けた取り組みは今年の後半に進めることが重要だとの認識を示しました。さらに、交通対策やテロ対策は都民の生活などに影響を及ぼすため、丁寧に説明を行うよう指示しました。東京オリンピックは2020年の7月24日に開幕します。